独身女性必見!賢い医療保険の選び方

働く女性を応援します。アフラックEVERシリーズ・アリコのたっぷりボーナス・オリックスのキュア・レディー・チューリッヒなど人気の医療保険を比較。働くあなたにとって最適な医療保険の賢い選び方をご紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

医療保険は入ってはいけない! - Shoulder.jp

女性。ピンクリボンながさき 乳がんから女性を守ろう。「医療保険は入ってはいけない」までは言いすぎだが、「医療保険は入らなくても大丈夫な人もかなりいる」くらいがちょうど内容とバランスが取れていると思う。個人的に心配というか懸念していたのが、「医療費が100万円かかっても、実際の負担は9万円足らず」というのが、公的保険対象のものに限られるということ。つまり、公的医療保険対象外の病気になったらどうすんだ!?ってところ。しかし、これもちょっとした勘違いみたい。なぜなら公的医療保険対象外の病気というものは存在せず、存在するのは、公的医療保険対象の診療(保険診療)と対象外の診療(自由診療)だけ。そして自由診療が保険診療よりも優れているというのは勘違いとのこと。公的医療保険を使って受けられる「保険診療」は、医療行為の種類や範囲が細かく決められており、その価格(医療費)も国があらかじめ「診療報酬点数」として、全国一律に決めています。

みなさんはご存知ですか? 長崎県では、女性のがんでは、乳がんが一番多いのです(図1)。そして、毎年100人以上の方が死亡しています。他人ごとではありません。私たち女性の問題なのです。もっと困ることがあります。35歳から55歳までの若い年齢の方の乳がんが多いということです(図2)。小さいお子様がいらっしゃるお母様にも乳がんの危険が迫っているのです。お母さまは、家族にとって子どもにとってかけがえのない存在であり、家族の太陽なのです。そこで、私たちはこのような合言葉をみつけました。「1年に1回、必ずマンモグラフィーを受けましょう」と呼びかけたいと思います。もう待てないのです! 乳がんは早期発見により、治る可能性の高いがんです。現在、長崎県では、マンモグラフィーの撮影率は3~7%です。夢のようなことですが、私たちはマンモグラフィー撮影率50%をめざして活動を開始しました。

お勧めリンク集
女性に人気 いまどきの医療保険 | 女性にやさしい チューリッヒ医療保険 | 定期・終身 医療保険の選び方 | 医療保険講座 女性・独身者・高齢者 | チューリッヒ医療保険 


スポンサーサイト
  1. 2008/08/02(土) 04:15:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レポート ・シンガポールの医療保険制度 ~ 医療保険制度を考える(その1) | ホーム | 女性探偵|浮気調査【エンジェルエージェンシー】離婚相談、離婚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hoken88jyosei.blog50.fc2.com/tb.php/30-d4ea698b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。